FC2ブログ

シーバス爆釣ネット

陸っぱり専門シーバルルアーフィッシング理論研究サイト
シーバス爆釣ネット TOP > エッセイ > 【エッセイ】釣れるウォブリング 釣れないウォブリング

【エッセイ】釣れるウォブリング 釣れないウォブリング

ミノーのアクションで、ローリングは好かれているけれど、どうも嫌われるのがウォブリングですね。

実際、アスリートのように、ほとんどウォブリングをしないで、ローリングオンリーと言ってもよいようなミノーは、たしかによく釣れます。

ところが、ウォブリングというと、相当敬遠されてます。実際、釣り場で、ウォブリング系のミノーで、CDなんかを「これはよく釣れるよ」なんて言うと、「それって、ウォブリング系でしょ?」と、やっぱり嫌われてしまいます。でも、CDってよく釣れるんですけどね。

そもそも、ウォブリングというのは、体を左右へ振る動きですが、おなじウォブリングでも、ルアーの種類によって、だいぶ違ってきます。このことについては、もうすでに当ブログのあちこちで書いてきたのは、もうすでにご存知かと思います。

ウォブリングというのは、水流を前から受けて、その水圧が大きすぎて、左右にバランスを崩し、それを立て直そうとして、今度は逆へ振られるという、一連の動きから生まれるわけです。

だから、ルアーのリップなり、顔の前面のカット部分なり、あるいは、ボディ全体なりが受ける水圧の大きさによって、左右に振られる度合いが違ってくるわけです。つまり、前進するときに、水流から受ける水圧がおおきいミノーほど、派手にウォブリングするわけです。

ところで、実際の魚は、泳ぐときにあんなに体をバタバタはさせませんね‥やったとしても、ほんの一瞬です。つまり、ふつうのミノーのウォブリングは、自然界ではあまり見られない、一種の虚構の動きで、しかも、かなりアピールの強い動きなんじゃないかと思っています。

しかし、ミノーのウォブリングを、自然界で生きている魚の泳ぎに近づけるのは、かなり無理があります。なぜ無理なのかというと、ミノーは硬いプラスティックや木材でできているので、ボディに柔軟性がないからです。

つまり、まったく曲がらない物体が、ただ単に左右に振られているだけですから、人間にとっては、いい泳ぎだと思われても、魚にしてみれば、スレていないうちは、活きのいいベイトフィッシュに見えて、食ってくるだろうけど、少し落ち着けば、なんだ、ただの作り物か…ということになるのです。

ところが、同じようにウォブリングしているのだけど、俄然よく食ってくるルアーもあります。リップレスミノーの早巻きです。

だいたいリップレスミノーというのは、スローで引けばタイトなローリング、早巻きすればワイドウォブリングと相場が決まっていますが、意外と軽視されがちなのが、このリップレスミノーの早巻きパターンなんです。

その理由は、別のページでも書きました。早巻きのリップレスミノーは、鉛筆の端をつまんで揺らすのと同じで、ゴムのように曲がって見えるからです。ルアーのスピードが速いにもかかわらず、これがエサっぽいのです。

つまり、プラスティックの単体ボディで、実際に曲がったりはしないけれど、とにかく泳いでいるときに、曲がって見えれば、食ってくるわけです。

よく釣れるウォブリングとは、こういうもののことです。だから、リトリーブしてウォブリングさせても、ボディが曲がって見えないと、アピールが強いだけで、スレやすいということです。

リップレスミノーのほかにも、よく食ってくるウォブリングをするルアーがあります。ずばり、ワームです。特にシャッドテールタイプのワームは、ウォブリングしまくってますね。でも、ちゃんと食ってくる。

これから見ても、やはりワームのウォブリングは、ミノーのウォブリングとは完全に違うわけです。

どこが違うのかというと、何回も書くように、曲がって見えるという、その一点に尽きます。つまり、泳いでいるさまから、そのルアーが柔らかい体の生物に見える…これなんですね。

で、ウォブリングで食わせると言えば、極めつけはジョイント式ミノーでしょう。ボディ中央部がジョイント式になっていて、左右に動くようになったミノーです。これをリトリーブすれば、ハードルアーでありながら、ボディが本当に曲がりながら泳ぎます。その効果はすでに広く知られているところです。

で、さらに、極めつけは、ストレートワームの蛇行パターンです。これなんかは、Uの字に曲がるんじゃなくて、完全にSの字に曲がってますから…

これで、水中を蛇のように、中層をユラユラと泳がせてやれば、その効果は、すでに書いたとおりです。

この時のワームの泳ぎはけっこう派手で、アピールが強いのですが、逆に、蛇行をやめて、単純に棒引きしてくるだけだと、ガクンとバイト率が下がります。

結局、ウォブリングが釣れないというのは、ミノーではボディが曲がらなくて、生物に見えないから…

リップレスミノー、ジョイント式ミノー、そしてストレートワームが食ってくるのは、ウォブリングすることによって、ボディが曲がって見える。つまり、それがエサっぽく見えるからです。
関連記事
[ 2011/12/01 00:03 ] エッセイ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

サイト内検索
プロフィール

管理人

Author:管理人
1957年三重県生まれ。現在愛知県在住。1960年(3歳)の頃からフナ、クチボソ、キスなどのエサ釣りを始め、ルアーは1978年(20歳)頃岐阜県のアマゴから始めた。その後、仕事が多忙のため、大きなブランクがあり、2002年(45歳)の夏、本格的にルアーを再開。現在はシーバスとバスがほとんどで、時々クロダイ狙い。

管理人へのメール